プライベートブランド.net

プライベートブランドはなぜ安い?

プライベートブランドの安さの理由

プライベートブランドのメリットは安さにありますが、なぜこれほどまで安く商品を提供できるのでしょうか。その大きな理由を3つ紹介しています。

PBの安さの理由

男女

広告宣伝費を抑えられる

プライベートブランドが安い理由の1つは広告宣伝費を抑えられる点にあります。自社のブランドで宣伝をしなくとも店内の棚に並べられます。そのため、広告宣伝費をかける必要がないのです。

製造コストを抑えられる

プライベートブランドでは、自社の工場を持っているわけではなく、実際は大手のメーカーの工場に生産を委託したり、複数の企業で共同生産していたり、様々な工夫でコストを抑えています。

流通コストを抑えられる

流通コストがかかると実際の製品の価格も高くなりますが、プライベートブランドでは、すでに自社の流通ルートを持っている企業が多いため、この部分でもかかるコストを抑えることができます。

プライベートブランドQ&A

ナショナルブランドと何が違う?

ナショナルブランドは、プライベートブランドと違ってメーカーのブランド力があるというところがメリットとなります。その分責任やブランド力を維持するための費用がかかるので、商品自体の価格は高くなります。

プライベートブランドは安いだけ?

近年では、プライベートブランドでも高級志向の商品を出してきている企業が出てきています。その企業でしか購入できないような限定品を出すことで消費者からの人気を高めています。

中身は違うメーカー製?

プライベートブランドの多くが製造を大手メーカーに依頼しています。そのため、商品の中身は大手メーカーの製品とほとんど変わらない場合がありますが、違う視点で考えると、クオリティは大手メーカーと同じで、価格だけが安いので消費者側には大きなメリットになります。

実際にどれくらい安い?

商品にもよりますが、実際にプライベートブランドではナショナルブランドに比べて2割~4割ほど安くなります。そのため、プライベートブランドを使用すると大きな節約になります。

プライベート商品の責任はどこ?

プライベート商品には製造者の名前が記載されていないことがほとんどです。その理由は、その商品になにか問題が起きた時に、責任は販売者が負うことになっているからです。そのため、プライベートブランドの責任は基本的に販売者になります。

広告募集中